スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

搬出制限区域近くの食肉加工場、出荷ゼロ続く(読売新聞)

 宮崎県の口蹄疫(こうていえき)問題で、国と県が搬出制限区域(半径10~20キロ)の牛の早期出荷を進めるため、5月末に操業を再開させた都農(つの)町の食肉加工場で3日以降、出荷ゼロの状態が続いている。

 工場が感染多発地帯にあり、ウイルス拡散を恐れる農家が牛の搬入を渋っている。政府の現地対策本部長の山田正彦・農林水産副大臣は5日、早期出荷の方針を転換する可能性も示唆。同区域を「家畜の空白地帯」にする計画は暗礁に乗り上げている。

 加工場は「ミヤチク」都農工場。搬出制限区域近くで唯一、牛を処理できる施設だが、4月20日に同町で感染が確認されたため、家畜伝染病予防法に基づき操業停止となった。その後、国と県は特例措置として5月31日に工場を再開させ、同区域の牛の受け入れを始めさせた。

 しかし、持ち込まれた牛の数は、最初の3日間に西都(さいと)市と宮崎市からの計90頭にとどまる。今月3、4日はゼロだった。

 農家や関係者によると、加工場に牛を搬入するには、感染が集中する移動制限区域(発生地から10キロ以内)をトラックで通過しなければならず、感染が広がることを恐れる農家が多いという。

 県畜産課は「今の処理ペースでは対策が全く進まない。防疫上、感染が未発生地域の加工場を使うわけにもいかない」と頭を抱えている。

 山田副大臣は5日、県庁で記者団に対し、早期出荷が進まない理由として「周囲の農家や住民の理解が得られていない」と説明。その上で、「感染がこれ以上広がらなければ、無理に早期出荷しなくてもよいかもしれない」と語った。

なぜテレビは面白いのか? 放送作家のボクが考えてきたこと(Business Media 誠)
東北厚生局 職員が開示文書改ざん 情報公開法に抵触も(毎日新聞)
殺処分の強制地域を指定=農水省(時事通信)
<みんなの党>参院選、3氏を追加公認(毎日新聞)
民家火災で10代姉弟焼死=4人重軽傷―大分(時事通信)
スポンサーサイト

高額報酬請求、弁護士を業務停止に=三菱自タイヤ脱落事故の訴訟で―横浜(時事通信)

 横浜市で2002年1月、母子3人が死傷した三菱自動車製トレーラーのタイヤ脱落事故をめぐる訴訟に関連し、横浜弁護士会は31日、青木勝治弁護士(70)=同市中区日本大通=が、死亡した主婦の母親に事前に説明することなく高額の報酬を請求したなどとして、6カ月の業務停止処分とすることを決めた。
 事故では、脱落したタイヤの直撃を受け主婦=当時(29)=が死亡し、幼児2人が負傷。主婦の母親が同社と国を相手に損害賠償訴訟を起こし、07年9月、同社に550万円の支払いを命じる判決が最高裁で確定した。
 この訴訟をめぐり、母親は「当初、550万円としていた賠償請求額を1億6550万円に拡張する際、一方的に手続きされ、これに伴う報酬の変動についても説明がなく、唐突に2000万円以上の報酬を要求された」などと、同弁護士会に青木弁護士の懲戒請求を申し立てていた。 

【関連ニュース】
弁護士6600万円横領か=死亡女性の遺産管理中

白昼、知人2人の腹刺す 大阪、61歳男を逮捕(産経新聞)
<大阪石綿訴訟>国側が控訴へ 仙谷担当相が言及(毎日新聞)
鞆の浦花火大会 ポニョも見た2000発 広島・福山(毎日新聞)
市民団体が上申書提出 小沢氏の陸山会事件 (産経新聞)
“幹部力”を磨こう――人を生かすための3つのコツ(Business Media 誠)

シー・シェパード 初公判 元船長は傷害罪を否認(毎日新聞)

 反捕鯨団体「シー・シェパード(SS)」による日本の調査捕鯨妨害事件で、傷害や艦船侵入など5罪で起訴された抗議船「アディ・ギル号」元船長、ピーター・ベスーン被告(45)=ニュージーランド国籍=は27日、東京地裁で開かれた初公判で「いかなる人も傷つける意図はなかった」と述べ傷害罪の起訴内容を否認した。他の4罪は認めたが、威力業務妨害罪は「背景にいろいろな事情があり審理で明らかにする」、艦船侵入罪は「正当な理由があった」と述べた。

【写真特集】シー・シェパード:メンバーの男を艦船侵入容疑で逮捕

 SSの妨害行為が日本の法廷で裁かれるのは初めて。公判の冒頭で多和田隆史裁判長は、ベスーン被告に「不規則発言や不穏な挙動があればただちに退廷させ、録音機などの使用が判明したら身柄を拘束する」と異例の注意をした。

 検察側は冒頭陳述で、今年1月6日にア号が調査捕鯨船団の監視船「第2昭南丸」と衝突し大破したことから、ベスーン被告が抗議活動をエスカレートさせた経緯を説明した。

 起訴状によると、ベスーン被告は2月11日午後11時ごろ、南極海上で小型ボートから酪酸入りガラス瓶を発射。第2昭南丸の船体で破裂させ、酪酸の異臭を広げて業務を妨害し、男性乗組員(24)の顔に1週間のやけどを負わせた(傷害と威力業務妨害)。また同15日午前7時半ごろには水上バイクで同船に接近し、防護ネットを刃渡り約19センチのナイフで破り船内に侵入したとされる(銃刀法違反と器物損壊、艦船侵入)。

 捕鯨船団が撮影したビデオ映像には、SS代表でカナダ人のポール・ワトソン容疑者(59)がア号に乗船している姿が映っており、海上保安庁は4月、ベスーン被告と共謀したとして傷害と威力業務妨害の疑いでワトソン容疑者の逮捕状を取った。現在、国際刑事警察機構(ICPO)を通じ国際手配の手続きを進めている。

 公判は27日から連日開廷し、第2昭南丸乗組員の証人尋問や被告人質問が行われる。6月中に結審する見通し。【伊藤直孝、和田武士】

【関連ニュース】
【写真特集】調査捕鯨:調査船と抗議船が衝突
【写真特集】シー・シェパードが新型高速船で妨害
シー・シェパード:2隻目の抗議船もオランダ籍に
シー・シェパード:監視船が下関入港 水産庁が調査

裁判員裁判、通訳人の誤訳やはり頻発 外国人被告に「悪い印象」(産経新聞)
<四日市市議>ブログで「宮崎知事と農相は腹を切れ」(毎日新聞)
中期目標、福祉事業の売上高倍増―日本医療事務センター(医療介護CBニュース)
<普天間移設>日米首脳27日にも合意 政府方針は閣議で(毎日新聞)
種牛49頭「助命」認めず…農水副大臣(読売新聞)

児童殺害予告で28歳男を逮捕=「防災無線うるさい」―埼玉県警(時事通信)

 防災無線がうるさいことを理由に、児童の殺害を予告したとして、埼玉県警吉川署は13日、威力業務妨害の疑いで同県三郷市鷹野、無職佐藤伊織容疑者(28)を逮捕した。同署によると、容疑を認めているという。
 逮捕容疑は12日午後2時半ごろ、三郷市教育委員会に電話をかけ「防災無線がうるさい。あす放送をやめないとガキをぶっ殺すぞ」と脅し、業務を妨害した疑い。
 同署によると、13日にも同様の電話があったため、発信者を特定した。防災無線では小学校の下校時間に合わせた平日の午後2時15分に、児童の声で「帰宅時間になりました。ぼくたちが無事に帰れるよう見守ってください」などと流している。
 佐藤容疑者は「睡眠を邪魔されて頭にきた。大人に言われるならまだしも、子どもに言われたくない」と供述。この騒ぎで、市内の小学校は集団下校などの対応を取ったという。 

【関連ニュース】
爆発物騒ぎで、男を逮捕=ハローワークに包み置く
逮捕されても戦い続く=マグロ密漁妨害で出港へ
反捕鯨団体代表に逮捕状=妨害指示の疑い、国際手配へ
小学校にミカン植えた男逮捕=130本、一部土地所有
シー・シェパード活動家を起訴=傷害罪も、犯意否認

<築地市場>マグロ競り、見学再開(毎日新聞)
<書道ガールズ!!>モデルの女子高生ら、渡仏し実演「楽しみ」 成海璃子と(毎日新聞)
医師・看護師とも「充足」の病院は87.5%―厚労省調べ(医療介護CBニュース)
飲酒運転事故で母身代わり、市職員を書類送検へ(読売新聞)
【法廷から】ネット犯罪に手を染めた中国人留学生の代償(産経新聞)

「指導力欠くことある」=普天間念頭、鳩山首相に苦言-民主・小沢氏(時事通信)

 民主党の小沢一郎幹事長は7日午後、宮崎市で記者会見し、報道各社の世論調査で内閣支持率の下落が続いていることに関し「党のトップをはじめ、役員やその他のいろいろな問題ももちろん、リーダーシップを欠くことも(原因として)ある」と述べた。米軍普天間飛行場移設問題の迷走などを念頭に、鳩山由紀夫首相に苦言を呈した発言だ。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

「撮り鉄」侵入か、JRに遅れ=50歳男性、線路脇に三脚-奈良(時事通信)
ショッピングセンターに車突っ込む=客ら7人負傷、79歳の男逮捕-山梨県(時事通信)
普天間で官房長官らと協議=首相(時事通信)
費用対効果、ナトリウム管理、実用まで40年…もんじゅ課題山積(産経新聞)
京都の点滴混入事件、きょうから裁判員裁判(産経新聞)
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。