スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

林忠四郎・京大名誉教授が死去 天文学に原子物理学を取り入れ(産経新聞)

 天文学に原子物理学を取り入れたことで知られる京都大名誉教授で日本学士院会員の宇宙物理学者、林忠四郎(はやし・ちゅうしろう)氏が2月28日午後3時、肺炎のため京都市伏見区の病院で死去した。89歳。京都市出身。葬儀・告別式は近親者のみで執り行われる。

 故・湯川秀樹氏の門下生で昭和32年に京大教授。同25年、元素の起源に関する基本理論「アルファ・ベータ・ガンマ・ハヤシの理論」を発表した。

 1970年には、英国王立天文学会のエディントン・メダルを日本人で初めて受賞。昭和57年に文化功労者、同61年に文化勲章。2004年には太平洋天文学会のブルース賞を日本人で初めて受賞した。

【関連記事】
プラトンが愛した「世にも美しい正多面体」
広島のアマチュア天文家が超新星発見
「地球衝突回避せよ」 露が小惑星対策協議へ
小惑星を「伊藤博文」と命名 没後100年、夜空が祝福?
ガリレオの気持ち分かる? エジプトで天体観測会

宮城・山形県境の船形山で4人遭難?携帯途絶(読売新聞)
新型インフルによる血液製剤回収を取りやめ(医療介護CBニュース)
また虐待死…4歳次男に食事与えず放置 容疑の両親逮捕(産経新聞)
警報下のマラソン開催は妥当=石原都知事(時事通信)
脳脊髄液減少症、治療法の「保険適用を検討」-民主議連で厚労省(医療介護CBニュース)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。